■栃木県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 帯代、帯料
結納金の金額 50万
結納金額の基準 月給の3ヶ月分
品目 目録、熨斗、帯料、寿留女、勝男節、友白髪、子生婦、末広、家内喜多留
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 古いしきたりを残すところでは、結納のことをカタメ(固め)、タルイレ(樽入れ)などと呼んでいる。当日は仲人が婿方からの結納品を嫁方へ持参するとともに、結納式の日取りなどについて取り決めがなされる。その後、祝宴となる。この時の酒はかつて(昭和初期)は婿方から持参した角樽1升でまかなわられ、そのうち半分を嫁方で、残り半分を婿方に持ち帰り飲むのが一般であった。嫁方ではこの残り半分の酒とともに、麻(友白髪)昆布、勝男節等の品と袴代(多くて半返し)を返した。しかし、現在では全般的に文房具店などで購入した目録のみで済ませる場合が多く、また結納金だけということも多くなっている。嫁方からの返しも省略の傾向にあり、あらかじめ婿方の結納金を少なくしてあることも多い。
結納を納める前に行う儀式 「口固め」「樽いれ」仲人、本人、親族代表で酒一升を持参する。嫁方でも酒一升とカラの一升ビンを用意して一行を迎える。先ず婿方が持参した酒をカラの一升ビンに五合入れ嫁方の酒五合をこの中に入れて一升にする。
残った婿方の酒五合を嫁方の酒五合に入れて一升にする。嫁方の酒で固めて盃をかわし祝宴を行う。この場合あまり長居はしない。婿方は酒を持ち帰り両親、仲人、親族代表で固めの盃をし祝宴を行い口固めの式を終り婚約が成立する。酒の銘柄は両家同じものを使用する。
一升半升(一生繁昌)に通じるとされている。現在は結納と同時に行うことが多い。
結納について 東京と同じで七品が多い
結納時の土産について 土産はない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は使用しない方が多い。
結納当日について 仲人、両親、本人、立会人を両家で揃え結納式を行う。都市では出合いが多く農村等では自宅の式が多い。最近は嫁方は受書だけですませることが多くなった。
式が終ると村廻りと称し婿方、嫁方の親戚、隣近所へ結納が無事滞りなく終了したことを報告のため手拭を一本宛配って廻る(農村部)宛名はごく旧家は親同志にするが一般は本人同志の方が多い。当日の祝儀は出さない。出合いの場合費用は折半にする。
お返し結納について 嫁方は婿方のものより一段下目のものを揃え当日交換する。
荷物納め及び土産について 荷目録は殆んど使用しない。結婚式の2日〜3日位前か場合によっては当日運ぶこともある。昔は挙式当日嫁迎えが終り婿方へ向う行列のあとから荷物を運んだ現在は行われない。戦前は仲人と立会人で運んだが、現在は両親で荷送りすることが多い。
家族、親族の土産を持参する。祝儀は出さない。
結納から結婚式までに行われる儀式 嫁迎えがある。仲人、本人、親族代表で嫁迎えに行く、嫁方では婚礼と同じように祝膳、引出物を出し祝宴を行う。式が終ると昔は嫁を馬にのせ婿方へ向い婿方の家の近くまで来ると青年団の人々がチカムカエ(近迎え)と称し、
嫁の来たことを大声で一斉に連呼(嫁さんが来た)し皆に知らせる。嫁は馬から降り竹竿を半紙で巻き水引で結んだ杖を持ち婿の家へ向う。玄関には家紋の入った提灯を親族代表が持ち、嫁方代表が持って来た家紋入りの提灯と交換する。
玄関前に松明(麻ノカラ)を焚き嫁にすげ笠をかぶらせ、松明をまたがせ笠の上から水を掛け、嫁は玄関から入らず勝手口又は裏口から家に入る。水火も辞せず家のため一生懸命つくす意味らしい。土地によっては尻叩きと称し、嫁の尻を叩く所もあると言われる。
コザ(小座)入りと称し仏前に婿、嫁、両親、親族代表、青年団代表と仲人が部屋に入り結婚の儀式を行う。式は新郎、新婦が向い合って座り鯉を腹合せに置き盃をかわす。この時青年団代表により謡曲高砂が謡われ式が終了する。
この式は外部から一切見られないよう全部障子をしめ切り見られないようにする。但し未婚の男性に限り指で障子に穴をあけて中の様子を覗くことが許される。従ってその穴が多ければ多い程幸せになると言われる。
唯現在ではホテル・式場等の利用が非常に多くあまり行われなくなったが、農村部のごく一部では行われることもあるが、大部簡略化されて来ている。
結婚式について 嫁の来たことを大声で一斉に連呼(嫁さんが来た)し皆に知らせる。嫁は馬から降り竹竿を半紙で巻き水引で結んだ杖を持ち婿の家へ向う。玄関には家紋の入った提灯を親族代表が持ち、嫁方代表が持って来た家紋入りの提灯と交換する。
仲人への御礼